睡眠時無呼吸症候群(SAS)|奈良市(学園前・あやめ池)のそめかわクリニック

  • HOME
  • 院長ご挨拶
  • 診療理念
  • 診療のご案内
  • 院内紹介
  • アクセス

睡眠時無呼吸外来、いびき外来

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠中に呼吸が止まったり、呼吸が弱くなったりする状態で1時間に何回も起こると状態のことで、 睡眠負債 の大きな原因となります。
一般的に1時間この状態(10秒以上の無呼吸もしくは低呼吸が)が5回以上ある場合が睡眠時無呼吸症候群です。この1時間あたりの回数を無呼吸低呼吸指数(AHI)といい、重症度を決めます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

  • 肥満傾向にある
  • 大きないびきをかく
  • 鼻の詰まりが強い
  • 顎が小さい
  • 呼吸中枢の異常

などが挙げられます。

SASの症状

  • 大きないびき
  • 昼間(会議中などの強い眠気)、熟睡感がない
  • 記憶力の低下
  • 夜間、何回もトイレに行く
  • 起床時に頭痛がする
  • 車を運転中に居眠りをする
  • ED

SASの危険性

高血圧、糖尿病、心臓病など生活習慣病とSASの因果関係が分かってきました。
その結果 「SASは生活習慣病を呼ぶ!」 中等症以上のSASの患者さんは以下の疾患になりやすいという報告があります。そのため、普段から生活習慣病の予防・治療当いる当院のような循環器科クリニックがSASを診察させて頂くことが重要となります。

高血圧
約2倍
糖尿病
約4倍
冠動脈疾患、狭心症
約3倍
脳卒中
約4倍

SASの診断の流れ

眠気の程度、既往歴、生活習慣病、鼻の疾患、夜間のトイレ回数を教えていただきます
当院では終夜睡眠ポリグラフ(PSG)と呼ばれる検査機器を使用し検査を行います。呼吸状態を調べることにより、無呼吸の有無を調べることが可能です。簡便に検査ができるため、ご自宅で装着いただき検査を行えます。さらなる精密検査が必要な場合は連携医療機関(奈良県総合医療センターなど)で検査いたします。

SASの治療

終夜睡眠ポリグラフ(PSG)結果次第で、保険適応によりCPAP(持続的陽圧呼吸療法)の治療を行うことができます。マスクの装着などコツがありますので説明させていただきます。

TOP